<20.30.40の恋> 

2004年 香港・台湾 113分
原題 20 30 40
監督 シルヴィア・チャン
脚本 シルヴィア・チャン
音楽 ケイ・ハン
出演 リリー:シルヴィア・チャン
   想想:レネ・リュウ
   小潔:アンジェリカ・リー
   石:アンソニー・ウォン
   ジェフ:レオン・カーフェイ
   ロック・ミュージシャン:チェン・ボーリン

20代、30代、40代、それぞれの年代の女性の、恋や仕事に生きる姿と悩みを描いた群像ドラマ。

30代の独身女性、スチュワーデスの想想は、台北空港に着くや否やボーイフレンドたちに電話するがデートを断られ、ホテルの自室に帰り、逢いたい時に会えない妻のいる医者ブライアンのこと、想想を付回す年下の男の子のことを考えていると地震に襲われます。
20代の小潔(シャオシェ)は、歌手デビューを夢見て、親の反対を押し切りマレーシアから台北にやってきました。
マネージャーで作曲家の石の事務所では、同じくらいの年頃の童(トン)と双子姉妹としてシャオシェを売り出そうとしていましたが、なかなか旨くいかず…。
40代のリリーは、花屋を経営し、娘サンディをアメリカに留学させたところですが、ある日花を配達に行った先で夫のもうひとつの家庭の存在を知り、離婚するのでした。 新たな生活に踏み出そうと決心するのですが…。

まずはシルヴィア・チャンの若さにさすが~と感心。 
今まで築き上げてきたものが無くなって、独りぼっちになってしまった感覚が共感できたような…。
挫折を知らない20代の頃は、何でも出来そうな気がしてがむしゃらにやりたいことに専念していたな~とか、30代の頃は独身の友人が羨ましくて…、でもたくさん子供のいる友人も羨ましかったり、でもそろそろ先が見えてきて生き方を考えないと…など、かつての自分を思い出し、懸命に生きている女性たちを応援したくなる映画でした。
でも、テンポが遅い割りには、雰囲気とか内容がないので観ていて少々ダレて来るのと、登場人物が多すぎて顔の判別が難しく(俳優を知っていれば簡単なのですが)、めまぐるしい感じがしました。
変なオジサンのアンソニー・ウォンが愉快でした。
C D

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

あじさい
2006年11月13日 20:40
TBありがとうございました。こちらからはエラーになってしまったのでコメントで替えさせてもらいますね。
シルビア・チャン、本当に素敵でした。40代でもまだまだ可愛い感じがしましたね。
それぞれの世代の女性をよく描いてる映画でした。

この記事へのトラックバック

  • 20,30,40の恋

    Excerpt: 20.30.40の恋 20.30.40(台湾) 監督:シルビア・チャン 出演:シルビア・チャン/レネ・リィウ/アンジェリカ・リー Weblog: あじさいCinema racked: 2006-11-13 20:38
  • 映画『20.30.40の恋』

    Excerpt: 原題:20 30 40 地震に一度ならず、二度三度と見舞われる、大きな被害はないが、その度に心の痛みは増していく、人生の悲哀を噛み締める、挫折の後に幸せは来るのか 客室乗務員の想想.. Weblog: 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ racked: 2006-11-15 12:12