<ベルベット・レイン> 

2004年 香港 85分
監督 ウォン・ジンポー
原案 トー・チーロン  ウォン・ジンポー
脚本 トー・チーロン
撮影 チャーリー・ラム  ケニー・ラム
音楽 マーク・ロイ
出演 ホン:アンディ・ラウ
   レフティ:ジャッキー・チュン
   イック:ショーン・ユー
   ターボ:エディソン・チャン
   ヨーヨー:リン・ユアン
   ノッポ:エリック・ツァン
   エミリー:ウー・チェンリン 
   トウ:チャップマン・トウ 

香港黒社会の大ボス暗殺計画の噂を軸にして、大ボスのホンとその親友でもある弟分のレフティ、黒社会での地位を確立したいからと鉄砲玉に選ばれようとする若手のイックとターボ。 それぞれの現在と過去のドラマを交錯させて描く香港ノワールです。

レストランの厨房で働くイックに、ターボが香港の黒社会の大ボス暗殺のくじ引きがあるからディスコに行こうと連絡が入ります。 当たり籤は秘所にリンゴの刺青がある娼婦。 ターボはイックのために当たり籤の娼婦ヨーヨーを探し出し、ボスのトウに会いに行くと写真を見せられ凶器のナイフを渡されるのでした。 イックは不安な思いを抱えながらヨーヨーと床を共にします。 会った時からヨーヨーに一目惚れしていたイックは、一夜だけで終らせたくないと思いますが、彼女は何万ドルもの多額の借金を抱え娼婦になったのだと知るのでした。
ボスからのお金を母に渡すと、自分たちは黒社会に養われているのだからと言い、亡夫もイックの兄も私にお金を渡して帰らぬ人になったこのお金で銃を手に入れなさいとイックに言うのでした。
イックはターボの力を借りて銃を手に入れ、お金をヨーヨーに渡し、次々にコンビニ強盗をしてお金を作ってヨーヨーの借金を返そうとするのでした。 ヨーヨーは必ず戻ってきてと言って、泣いてイックを送り出します。
イックとターボが食事していると何者かに追われているのを感じたターボは、イックを逃がし自分が囮になります。
誰が鉄砲玉かと威され右手を潰され使えなくなったターボですが、相手を反対にねじ伏せボスの居所を聞き出すのでした。

一方、大ボスのホンはパーティの最中、妻のエミリーが息子を出産したという報せを受け、レフティと病院へ。
レフティは、ホンの暗殺計画の噂についてホンに語り、レフティは生まれた子を自分(ホン)の後継者にしたくないのなら、自分が(レフティ)が後を継ぐから、ニュージーランドへ行くようにとホンに勧めるのでした。
ホンは、二人で買い取ったレストランのテーブルに付き、共に闘った同志の言葉を受け止めながらも、レフティの敵とみなしたものは一家皆殺しにすると言うやり方を非難するのでした。
レフティはホンの配下の3人のボスを危険に感じ、排除すべく一人目のフィゴの家族を皆殺しにし、他の二人の家族も皆殺しにしようとしていました。 これを察知したホンは、子分を差し向け二人のボスを保護していました。
一人を見せしめに、あとの者は許すのが懸命なやり方なのだとレフティに伝えるのでした。
ホンは、レフティの母をエミリーの病院に保護していると伝えます。
そして自分を殺せるのはレフティしかいないこと、鉄砲玉を捜し出して、明日の朝飲茶をしながら話し合おうと言うのでした。
レフティは自分の誤りに気付き、配下のシンに鉄砲玉を連れ戻せと言うのでした。

雨の中、傘をさしてレストランを出るホンとレフティ。  
外に出ると殺し屋たちが待ち構えていました。 ホンを守ろうと共に立ち向かうレフティ。
ナイフを手に的を狙うイックとターボ。 雨の中で運命が交錯するのでした。
殺し屋が去った後、始めて人を殺した日のことを話すホンとレフティ。
刑務所に入ったイックに面会に行ったターボは、レフティという名に改名したと言うと、イックもまたホンに改名したと言うのでした。

内容は今流行の、時間を交錯させて描くというものですが、スタイリッシュで洗練された映像は、素晴らしかったです。
香港四天王のアンディ・ラウとジャッキー・チュン、新四天王といわれるショーン・ユーとエディソン・チャンの共演も豪華でした。
B B

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年11月14日 08:58
こんにちは♪
映像の斬新さと出演者の豪華さで
乗り切った映画だったような・・・
新旧それぞれの香港映画ファンには
十分楽しめる映画だったと思います。
みのり
2006年11月15日 09:44
ひらで~さんは、中国語をしていらっしゃるだけあって、ずいぶん詳しいですね。 人物の名前も漢字で書くと雰囲気違うな~と感じました。 
kimion20002000
2007年01月17日 20:24
TBありがとう。
出演者が豪華ですよね。
アンディ・ラウは若い!そして、みんなの兄貴分となっています。

この記事へのトラックバック

  • 映画評「ベルベット・レイン」

    Excerpt: ☆☆(4点/10点満点中) 2004年香港映画 監督ウォン・ジンポー ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2006-11-11 15:29
  • ベルベット・レイン☆あとは、愛が足りない。

    Excerpt: レンタルDVDより・・・ Weblog: ☆お気楽♪電影生活☆ racked: 2006-11-14 08:54
  • NO.130「ベルベット・レイン」(香港/ウォン・ジンポー監督)

    Excerpt: 香港映画界は若手とベテランが、 上手にタッグを組んでいる。 「インファナル・アフェア」のシリーズより、前と後では、香港映画の映画作法は大きく、異なっている。好き嫌いは別にして、もう、昔の「香港映画」.. Weblog: サーカスな日々 racked: 2007-01-16 15:28
  • ベルベット・レイン

    Excerpt: 大ボスの暗殺計画を巡る混乱の中、黒社会に生きる男たちの熱き絆と、交錯する悲しき運命を描いたアクション作品。アンディ・ラウ、ジャッキー・チュン、エディソン・チャンほか出演。 Weblog: DVDジャンル別リアルタイム価格情報 racked: 2007-02-12 15:32