<ドリフト> 

2000年 香港 114分
原題 順流逆流(Time and Tide)
監督 ツイ・ハーク
脚本 コアン・ホイ  ツイ・ハーク
撮影 ハーマン・ヤオ
音楽 トミー・ウェイ
出演 タイラー:ニコラス・ツェー
   ジャック(フアン):ウー・バイ
   ジョー:キャンディ・ロー
   ウォン:キャシー・チュイ
   ミゲル:ホヴェンティノ・コート・リモティギュー
   アンクル・ジー:アンソニー・ウォン

お酒を飲み過ぎて、勢いで見知らぬ女性とベッドインしてしまった、バーで働いている21歳のタイラー。 
その9カ月後、その女性ウォンが妊娠していることを知ったタイラーは、彼女に送金するためお金を稼ぎたいからと、高利貸しのジーがつくった無許可の護衛会社で働くことになります。
ある時、タイラーは金融界のボスであるトーマス・ホンを護衛をしていて、ブラジルから戻った元傭兵のジャック(トーマス・ホンの三女ジョーの夫)と知り合います。
ジャックは35歳。 ジョーが出産間近で、今の生活に幸せを感じていましたが、ジョーの父には歓迎されていません。

昔の経緯からかつての仲間にホンの暗殺と多額のお金を盗み取るように命じられたジャックは、暗殺を命じた男を殺し、お金をロッカーに預け、その鍵をジョーに渡して、絶対に自分達のアパートに戻らないように、実家にしばらく居て子供が生まれたらロッカーの鍵を開けるようにとジョーに話すのですが、ジョーは実家に居づらくて留まることが出来ず、アパートに戻ろうとします。

アパートではジャックに復讐しようとするかつての仲間、ジーの護衛会社の人などで戦争状態。
アパートに近づけないジョーは、ロッカーを開けに行き、カバンに入ったお金を見つけます。
敵もジャックの妻ジョーの動きを察知して追いかけ、ロッカー付近でドンパチ。
ジャックは、この場は自分が止めるので、タイラーにジョーを連れて地下道を通って香港コロシアムに行って欲しいと頼むのでした。

何だか分からなくなるくらい激しいバイオレンス・アクション。
逃げている途中で子供を産んでしまうなんて、気持ち悪いやら怖ろしいやらで、その後のアクションも体を壊しそう。
見ているだけで体が痛くなり、とてもじゃないけど興味の持てる作品ではありませんでした。
C E

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック