<スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐> 

2005年 アメリカ 141分
原題 Star Wars: EpisodeIII Revenge of the Sith
監督 ジョージ・ルーカス
製作 リック・マッカラム
脚本 ジョージ・ルーカス
撮影 デヴィッド・タッターサル
音楽 ジョン・ウィリアムズ
美術 ギャビン・ボケット
衣装デザイン トリシャ・ビガー
SFX インダストリアル・ライト・アンド・マジック(ILM)
出演 オビ=ワン・ケノービ:ユアン・マクレガー
   パドメ・アミダラ:ナタリー・ポートマン
   アナキン・スカイウォーカー:ヘイデン・クリステンセン
   パルパティーン/ダース・シディアス:イアン・マクディアミッド
   メイス・ウィンドゥ:サミュエル・L・ジャクソン
   ヨーダ(声):フランク・オズ
   オーガナ議員:ジミー・スミッツ
   ドゥークー伯爵:クリストファー・リー
   C-3PO(声):アンソニー・ダニエルズ
   R2-D2(声):ケニー・ベイカー

ジェダイの騎士アナキン・スカイウォーカーが、どのようにして暗黒卿ダース・ベイダーに生まれ変わったかを描くSW新シリーズの最終章。 
   
銀河系を舞台にしたクローン戦争の勃発から3年、ドロイド軍の人質になった共和国のパルパティーン最高議長をオビ=ワン・ケノービとアナキン・スカイウォーカーが救出。
騎士として認められたアナキンは、密かに元老院議員パドメ・アミダラと結婚していて、パドメの中には新しい命が宿っていました。
そんなアナキンのパドメを愛する心につけこみ、パドメを失うという恐怖心を利用して、パルパティーン最高議長は、アナキンをフォースの禁断の世界、暗黒面(ダークサイド)に巧みに誘い込むのでした。
実はパルパティーンはシスの暗黒卿ダース・シディアスだったのです。
それを知ったジェダイは、メイス・ウインドゥをパルパティーン退治に行かせますが、メイス・ウインドゥが勝利してパルパティーンを殺そうとした時、アナキンはこれを止めると、パルパティーンは卑怯にもメイスを殺してしまいます。
この時アナキンは、パルパティーンにダース・ベイダー卿の名前を貰い、徐々にダークサイドの力が取り憑き、シスのダース・シディアス卿に操られ始めるのでした。
アナキンは、オビ=ワンと対決。 オビ=ワンに傷を負わされ全身火だるまになるのでした。 
ダース・シディアスは、アナキンを連れ帰り、全身手術をしてダース・ベイダーとして蘇らせるのでした。
パドメは双子のルークとレイアを産み、シスに存在を知られないところに隠すことにし、レイアは女の子の居ないオーガナ議員夫妻が育てることになり、ルークはアナキンの故郷タトゥーインのクワイ=ガンの元で育てることになるのでした。 

製作者の努力と技術の粋を極めた感じですが、内容は子供向けで単純、でもその割にはワクワクする楽しさに欠けます。
迫力のある戦闘シーンも、触覚として感じないので、またやってる~といったようにしか感じられませんでした。
こういった感じの映画を見過ぎたせいなのか、わたしが齢を取ってしまったせいなのかと考えてしまいました。
始まって10分位で眠くなり、何度見ても途中で寝てしまうので閉口しました。 こんなにつまらない映画、久しぶりに見ました。
B E

<スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス>
<スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃>

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

タラララ
2006年08月15日 15:36
劇場で見ると迫力があって面白いんですけどね。
でも、DVDは買ってますがなかなか見る気になりません (^^;;
結局、みのりさんもハン・ソロ、ルーク、レイア姫たちが活躍するのが「スター・ウォーズ」ということなんでしょうかね。
自分も彼らが出ない「スター・ウォーズ」は、気の抜けたコーラみたいに感じます (+_+)
みのり
2006年08月15日 23:36
タラララさんは、大画面で御覧になったのですね。 
迫力あっただろうな~と思います。
わたしは痛いのが嫌いなので、戦争がらみの映画は苦手なのですが、旧三部作は、物語としても楽しかったですし、ユーモアも感じましたので、嫌いではありません。 
この映画はCGが緻密で素晴らしい分、感覚が付いていけませんでした。
旧三部作では、ベン・ケノービ役のアレック・ギネスの渋さにキャー!なのと、ハン・ソロやヨーダが大好きです。

この記事へのトラックバック