<鉄拳高 同級生はケンカ王> 

2001年 香港 90分
原題 我的野蛮同学
監督 バリー・ウォン  ビリー・チョン
脚本 バリー・ウォン
撮影 ディック・タン
音楽 トミー・ウェイ
その他 (アクション指導)チン・シュウトン
出演 ストーン:ニコラス・ツェー
   エドワード(エド):スティーヴン・フォン
   フェニックス:ジョイ・ヨン
   
企業買収で財を成した有名実業家の一人息子エドワードは、別れたガールフレンドの嫌がらせに遭い、それまで通っていた高校を退学になります。
父親は亡くなっているため、仕事が忙しくて海外で暮らしている母親は、執事のテリーや社員達に息子は優秀なのだから、DBSという名門校に編入させるようにと連絡しますが、これを聞き間違えたテリーたちは、TBSという三流高校に入学させてしまうのでした。
この入学したTBS記念高校というのは、生徒のトラブルには学校は介入せず、最上階の喧嘩ルームで誰かの立会いの元、机の上で1:1の勝負で決着をつけるという掟がありました。
転校して早々、優秀すぎて目を付けられ、喧嘩に引き込まれるエドワード。 
それまで喧嘩などしたことのないエドは戸惑い、掟をなくしたいし、泣き寝入りなどしたくないので、校長に掛け合うと言い出すのですが…。

ある日、エドは一年間休学していた元ケンカ王のストーンと出会い、気が合います。
ストーンは一年前にケンカ王を引退したというのですが、勝負をせずに辞めたという事で、現在のケンカ王カマキリのグループに勝負を挑まれているのでした。
ストーンが勝負をしないなら、エドを攻撃し続けるというケンカ王グループ。
エドワードはストーンに喧嘩から身を守る方法を、1回500ドルでレクチャーして貰うのでした。
ストーンの家庭の事情を知ったエドは、格闘技を習うのと引き換えに、統一試験に受かるようにと、勉強を見てあげる事になります。 その他同級生のフェニックスなどにも統一試験に向けて一緒に勉強をするのでした。

しかし統一試験の前日、エドが金持ちの息子と知ったヤクザたちが(ケンカ王グループの仲間ガウの繋がりで)身代金目的で誘拐されます。
以前お金が必要だった時、腕っ節を買われてヤクザの手伝いをしていたストーンが疑われるのですが…。

生徒のあだ名も何でも持っているから“セブン(セブンイレブンの略)”とか、喧嘩する姿が似ているから“カマキリ”など、愉快です。 最後はめでたしめでたし、荒唐無稽で楽しい映画でした。
D C

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック