<バットマン ビギンズ> 

2005年 アメリカ 141分
原題 Batman Begins
監督 クリストファー・ノーラン
脚本 クリストファー・ノーラン デヴィッド・S・ゴイヤー
撮影 ウォリー・フィスター
音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード ハンス・ジマー
出演 ブルース・ウェイン/バットマン:クリスチャン・ベール
   アルフレッド執事:マイケル・ケイン
   ヘンリー・デュガード/ラーズ・アル・グール:リーアム・ニーソン
   ルシウス・フォックス応用科学部責任者:モーガン・フリーマン
   ゴードン巡査部長:ゲーリー・オールドマン
   レイチェル検事補:ケイティ・ホームズ
   ジョナサン・クレイン精神科医:キリアン・マーフィ
   カーマイン:トム・ウィルキンソン
   アール社長:ルトガー・ハウアー
   ラーズ・アル・グールの影武者:渡辺謙

大富豪の跡取りのブルース・ウェインが成長し、自分の生き方に目覚め、バッドマンとして誕生するまでの秘話を描いた物語。 子供の時古い井戸に落ちてコウモリの大群と遭遇し、恐怖を感じたこと。 両親と出掛けたオペラの中にコウモリを観て、それから逃れたくて早めに退席し、家に帰る途中で両親が目の前で殺されてしまったこと。 自分が帰りたがらなければ、こんなことが起きなかったと大きな衝撃を受け、これらのことがトラウマとなるのでした。

成長したブルースは、犯罪心理の研究のためわざと牢に入っていましたが、ある日ヘンリー・デュカードと出会い、悪を憎むものたちの集まる《影の同盟》という組織があることを知ります。 ヒマラヤの山腹に咲く青い花を持ってくれば入会出来、心身を鍛え、心を解放することができると聞き、ヒマラヤの奥地にあるこの組織に加わるのですが、最後の段階で正義に対する考え方の違いから師のラーズ・アル・グールのもとを離れ、故郷のゴッサム・シティ に戻り腐敗した街の体制と闘う事を決意するのでした。

モーガン・フリーマンやマイケル・ケイン、ゲーリー・オールドマン、リーアム・ニーソン、トム・ウィルキンソンなど、まずは豪華な出演者にビックリ。 そして渡辺謙の扱いにガッカリでした。 出てきてセリフも余り無く、すぐに殺されてしまうのですから、前宣伝とは大違いです。
そしてクリスチャン・ベールは、<マシニスト>で凄い激ヤセ振りを見たので、健康そうになって安心しました。

バットマン誕生秘話なので、今回はバットマン対凶悪犯の闘いというより、ブルースの内面の葛藤。
まずは普通の人間ブルース・ウェインの恐怖心や復讐心の克服の仕方を、観るものが納得できるように丁寧に描いていたのと、導入として一人ひとりのレギュラー登場人物の紹介に時間を掛けていて、これからが楽しみという作品でした。 
ビギンなのですが、今までのシリーズとは全く印象が違うので、今までのビギンではなくて、新たに誕生する新シリーズのビギンという感じがしました。 

全然テイストが違いますが、子供の頃見たTVシリーズも楽しかったな~と思い出します。
TVシリーズを観てから、映画のシリーズを観てどちらもそれなりに面白いと思いましたが、このビギンも描き方が違うとはいえ、なかなか楽しめました。
「人は中身じゃなくて行動で決まる」の言葉で、レイチェルには簡単にバットマンの正体が分かってしまいました。
秘密基地の洞窟を発見したり、火事になったら同じものをもっと補強して建て直すのだとか…。
ゴードン巡査部長は活躍が認められ、警部補になったようだし…、いつ警視総監になるのかも(この人がバットマンの朋友のゴードン警視総監になる人かな~と思い)楽しみです。 ロビンらしき少年も描かれていましたし、ジョーカーの暗躍も語られていたし…、新しくシリーズになるのでしょうか?
C C

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年07月20日 01:07
TB致しました。
幾つかある僕の映画理論の中で、「映画(の作り方)はジャンルに忠実であるべきだ」というのがあります。そしてそれが実際出来ている映画に後世に残る秀作が多い。詳細を記そうと思いましたが、映画評の中で今後書くこともあるでしょうから、後のお楽しみに(笑)。
とにかく、前半を過大評価するのはいけません。バットマンの誕生には秘密がありましたと、ある程度時間を掛けるのは良いですが、ここまでものものしく作るならそれだけで一本の映画をこしらえて見せてくれ、という感じが致します。それで客が入るのならそれは大した実力であります。
みのり
2006年07月20日 10:45
バットマンの誕生秘話として、真面目に作っているという印象でした。
その分物足りなさも残りますが、凶悪犯が誕生と絡めてあるので、バットマンの悪との闘いの話もすんなり繋がっていて、作り方としてはなかなかだと思いました。
しゅー
2006年07月22日 14:42
こんにちは!
>渡辺謙の扱いにガッカリでした・・・
彼の経歴は,「ラスト・サムライ」のみなのですから,上々の扱いではないでしょうか(・・?)
「SAYURI」はもっとがんばってましたよ♪
彼の作品では,「明日の記憶」の評判が良いので,DVDがでたら観てみたいと思っています.

>ロビンらしき少年も描かれていました
なるほど!あの少年がロビンになるのですね(^o^)
みのり
2006年07月26日 08:34
上々の扱いなのかな~。 役者さんも厳しいですね。

この記事へのトラックバック

  • 映画評「バットマン・ビギンズ」

    Excerpt: ☆☆☆(6点/10点満点中) 2005年アメリカ映画 監督クリストファー・ノーラン ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2006-07-20 00:55
  • 映画館「バットマン ビギンズ」

    Excerpt: 「バットマン」シリーズ、パート1,2,3、「キャットウーマン」観ましたが、今回のビギンズはなんだか今までのバットマンとは全然違うのりでした。今までのシリーズでは、コミックに出てきたキャラクターがそのま.. Weblog: ☆ 163の映画の感想 ☆ racked: 2006-07-20 05:58
  • バットマン ビギンズ

    Excerpt: 2005年 アメリカ 監督 クリストファー・ノーラン 出演 クリスチャン・ベイル/マイケル・ケイン/リーアム・ニーソン/モーガン・フリーマン/ゲイリー・オールドマン/渡辺謙/ケイティ・ホームズ.. Weblog: レンタルだけど映画好き  racked: 2006-07-21 01:27
  • ☆「バットマン ビギンズ」メモ

    Excerpt: 私にとって“バットマン”は“スーパーマン”と並び親しみを感じているアメコミのヒーローです.子供の頃にTVで,このヒーローたちの大活躍を観ていたためでしょうか. さて,今回の“バットマン”はティム・バ.. Weblog: 気ままに映画メモ racked: 2006-07-22 14:44
  • バットマン ビギンズ

    Excerpt: 2005年製作のアメリカ映画。 全米2週連続1位、興行成績$205,197,285のメガヒット。 アメリカの人気コミックを元に実写映画化したヒーローシリーズの最新作。過去のトラウマに苦しむブルース.. Weblog: シネマ通知表 racked: 2006-11-14 09:44
  • バットマン ビギンズ

    Excerpt: 2005 アメリカ 洋画 アクション ヒーロー監督 : クリストファー・ノーラン出演 : クリスチャン・ベール , マイケル・ケイン , リーアム... Weblog: Yasutaka's GROOVE racked: 2007-05-27 17:42