<カンフーハッスル> 

2004年 中国・香港 100分
原題 Kung Fu Hustle
監督 チャウ・シンチー
脚本 チャウ・シンチー  ツァン・カンチョン
   ローラ・フオほか
撮影 プーン・ハンサン
音楽 レイモンド・ウォン
出演 シン:チャウ・シンチー
   家主:ユン・ワー
   家主の妻:ユン・チウ
   火雲邪神:ブルース・リャン
   麺打職人:ドン・ジーホワ
   斧頭会の組長:チャン・クォックワン

文化革命以前の中国。 悪が横行し、混沌とした世の中でしたが、豚小屋砦と呼ばれる貧民街の人々は、そんな世の中とは関係なく、平和に暮らしていました。
そんな時、シンという若者は、斧頭会というヤクザ組織の一員だと名乗って豚小屋砦に住む住人達から小銭を騙し取ろうとします。 そこに斧頭会がやって来て、住民を追い出そうとしますが、この豚小屋砦の住民たちの中にはカンフーの達人が多く思うように行きません。 
斧頭会の組長は、火雲邪神というカンフーにのめり込むあまり正気を失って病院に入っているという伝説の殺し屋を雇って住民たちに立ち退きを迫るのですが…。

武道の達人として特に優れていると有名な人ではなくて、市井に普通に暮らしている人が達人だらけというのが楽しいアクション・ファンタジー・コメディです。
ひとつひとつの芸が細かくて、ブルース・リーなどのどこかで見たことのあるアクションやギャグ満載。
バカバカしくて面白くて迫力があって、アクションはダンスみたいなものまであって、ナンセンスで冗談の極みです。
子供の頃女の子を助けてボコボコにされた時のクルクル巻きの飴や驚異の回復力を与えられたシンは、火雲邪神の一撃で全身の脈が開いて真の力に目覚め、唯一無二の達人になって、失われたはずの如来神掌という掌法を使いますが、雲がお釈迦様になって天より降るなど荒唐無稽で楽しいです。
大家さん夫妻の体が膨らんでガマガエル状態になる蛤蟆功、声で殺す獅子の彷徨なども楽しかったですが、あんなに強いのならもっと早くに闘えば店子に犠牲が出なかったのにと悔やまれます。
B A

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 映画評「カンフーハッスル」

    Excerpt: ☆☆☆(6点/10点満点中) 2004年中国=香港映画 監督チャウ・シンチー ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2006-06-19 01:39