<エアポート1999> 

1998年 アメリカ・カナダ 88分
原題 Airspeed
監督 ロバート・ティネル
脚本 ロック・ラフォーチュン  リチャード・グードゥロー
撮影 ジョージス・アーチャンボールト
音楽 ノーマンド・コーベイル
出演 ニコル・ストーン:エリシャ・カスバート
   レイモンド・ストーン(父):ジョー・マンテーニャ
   ジェフ(地上管制官):チャールズ・パウエル
   マリリン・ストーン(母):リン・アダムス
   リー:イヴァン・ポントン
   アンドレア:ブロンウィン・ブース

大企業テクナコム社の13歳の社長令嬢ニコルは、自家用ジェットで両親の居るパーティー会場に急いでいましたが、天候が急変、3万フィート上空で乱気流に巻き込まれ、雷の直撃を受け、機長を始めとする乗員は全員意識不明。
自動操縦装置も故障して高度が徐々に下がる中、一人意識を取り戻したニコルは、管制塔と何とか連絡が取れ、救助を求めますが、助けに出た救助機も、現場の乱気流で思うように救助が出来ず…。

ドラマ<24 TWENTY FOUR>のエリシャ・カスバートの主演作というので、楽しみに鑑賞しました。
とても可愛くてあどけなくて、とってもキュート。 そんな彼女が必死にサバイバルに挑む姿にハラハラドキドキしましたが、いかにも低予算映画という感じは否めませんでした。 
エリシャ・カスバートが可愛かったのとチャールズ・パウエルがステキ?だったので良しとしましょう。
C C

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック