<バンジージャンプする> 

2001年 韓国 101分
原題 Bungee Jumping of Their Own
監督 キム・デスン
脚本 コ・ウンニム
撮影 イ・フゴン
音楽 パク・ホジュン
出演 ソ・インウ:イ・ビョンホン
   イン・テヒ:イ・ウンジュ
   イム・ヒョンビン:ヨ・ヒョンス
   オ・ヘジュ:ホン・スヒョン
   その他:キム・ガプス  オ・ジヘ
       イ・ボムス

1983年、大学生で文学を学ぶソ・インウは、同じ大学で彫刻を学ぶイン・テヒと夏の夕立の日に出会い、忘れられない存在となるが、その後再び出会った時には恋に落ちるのでした。
しかしインウは兵役に行くことになり、その出発の日、見送りに来る約束をしましたが、テヒは姿を見せませんでした。

そして17年後、ソウルで高校の国語教師になったインウは、別の女性と結婚をし子供も出来ましたが、男子生徒の一人イム・ヒョンビンのことが気になり始めるのでした。
同姓に好意を持つようになったことで心配になり、心療科に通うようになりますが、診断は極めて正常、感情は単に好意と医者は診断します。
そのうちイム・ヒョンビンの中にテヒを感じていることに気付くインウですが、次第に学校中の噂になり、インウはクビを言い渡されるのでした。

17年前に見送りに来る途中でトラックに撥ねられ亡くなってしまったテヒ、仕草や話す言葉の内容がテヒと全く同じという設定も出来すぎていて、たまたま同性に生まれてしまったから起きた輪廻転生の物語かもしれないのですが、全体に暗い雰囲気で、なんだかハッピーな気分になれません。
永遠に愛すと約束していた相手の生まれ変わりとめぐり逢えるのは素敵ですけど、同性愛がいけないのではなく、周囲が不幸になるのは見ていて楽しめません。
ニュージーランドに行ってバンジージャンプをしたいといっていたテヒ。
インウとヒョンビンは二人でバンジージャンプをした後、どうするつもりなのでしょう?
どうせならラブコメ仕立てにして欲しかったです。
D D

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 映画評「バンジージャンプする」

    Excerpt: ☆☆★(5点/10点満点中) 2001年韓国映画 監督キム・デスン ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2006-05-14 13:20
  • 映画『バンジージャンプする』

    Excerpt: 原題:Bungee Jumping of Their Own 命日は2005年2月22日、クールな美人の印象だった彼女の悲報を聞いて、本当にビックリしたけど、あれからもう1年以上が過ぎたんですね・・.. Weblog: 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ racked: 2006-05-14 18:59
  • バンジージャンプをする/イ・ビョンホン、イ・ウンジュ、イ・ボムス

    Excerpt: この映画に賛否両論あるのも知ってたし、ネタバレ的なレビューもいろいろ目を通してしまっていたのでだいたいの内容も既に把握済み。さらにイ・ビョンホン作品だし間違いなく日本版DVDが出るだろうからレンタルで.. Weblog: カノンな日々 racked: 2006-05-15 10:31
  • 「バンジージャンプする」(韓国 2001年)

    Excerpt: きっと、あなたは私を見つける。 17年後、その時は訪れる・・・。 1983年。大学で国文学科を専攻するソ・インウ。 ある夕立の夏、突然その傘の中に飛び込んできたイン・テヒに恋をする。 インウの不器用.. Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 racked: 2006-05-15 19:15