楽蜻庵別館

アクセスカウンタ

zoom RSS <サマリア> 

<<   作成日時 : 2006/04/25 10:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 13 / コメント 4

2004年 韓国 97分
原題 Samaritan Girl
監督 キム・ギドク
脚本 キム・ギドク
撮影 ソン・サンジェ
音楽 パク・ジウン
編集 キム・ギドク
出演 ヨジン:クァク・チミン
   チェヨン:ソ・ミンジョン
   ヨンギ:イ・オル
   
ヨーロッパ旅行に行きたいからと、援助交際をしているチェヨンとそのチェヨンの電話やお金の管理と見張りをしているヨジン、そしてヨジンの父ヨンギの関係を“バスミルダ(その人と寝た男性は仏教徒になるという、インドの伝説の娼婦)”“サマリア(聖書に登場する女性)”“ソナタ”の三つに構成して綴る《生きる痛み》をテーマにしたドラマ。

なんの悪びれる所なく、男性に体を売るチェヨン、そんな彼女に如何することもできず、ただ複雑な思いで見守っているヨジン。 
ある日、チェヨンが使っていたホテルに取締りの警官が踏み込み、慌てたチェヨンはホテルの窓から飛び降り、頭を打って重体に…、見張りをしていたヨジンは、病院に担ぎ込みますがチェヨンは死亡してしまいます。
ヨジンは、チェヨンが死んでから、チェヨンの手帳に書かれている客を一人づつ呼び出して、抱かれてからチェヨンの援助交際で貰ったお金を返していきます。
ある時、刑事をしているヨジンの父ヨンギが殺人事件の現場の向かいのホテルで、ヨジンが中年の男性と抱き合っている所を発見し、ヨンギは真相を確かめるため娘の行動を監視するようになり、衝撃を受けるのでした。

無理に特殊な状況を作り出して問題作にしているような感じを受けました。
親友のように見受けられるチェヨンの家族のことや住所を知らないヨジン。
ヨジンの母親の死の内容が、ヨンギとヨジン親娘にとってかなり重要なものらしいこと。
ヨジンはチェヨンを失ったことの喪失感を埋めるために不可解な行動をとったのでしょうか?
同じ立場になってみようと考えたのかもしれないですけど…。
いつもぬいぐるみのクマさんを抱いて寝ているヨジンが、見知らぬ男性と交際していたことを知った父ヨンギの怒りや苦悩は計り知れませんし、親娘で出掛けたお墓参りの旅行の時、「悩みを忘れろ」と言ったヨンギの言葉が印象的でした。
でも、登場人物の生き方に共感できる所が全然なかったので(父親の行動も不可解ですし…)、結局は何を描きたかったのかがあまり明確には伝わってきませんでした。
ヨジン役のクァク・チミンさんが、囲碁の小林泉美さん(小林光一さんのお嬢さんで、張栩さんの奥様)にそっくりなのには驚きました。 可愛かったです。
解り難く創ると、芸術作品のように見えるのかな?
C D


サーカスな日々さんのTB記事

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(13件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
映画『サマリア』
原題:Samaritan Girl この映画、公開されたとき、二人とも可愛くて、特にチェヨン役の子が魅力的でいい、観たいと思いつつ見逃して、・・思い出したようにやっと観た・・・。 ...続きを見る
茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行...
2006/04/26 02:58
映画評「サマリア」
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2004年韓国映画 監督キム・ギドク ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2006/04/26 15:45
NO.117???????????/??????????????
&?&d?〓?&?&?&&??&&?&&&&?&&?&&& ...続きを見る
????????????
2006/05/09 17:52
サマリア/クァク・チミン、ハン・ヨルム、イ・オル
『少女ヨジンとともにめぐる旅。  その純粋なまでの残酷さが心に焼きついて離れない。』 ...続きを見る
カノンな日々
2006/05/11 00:08
純粋すぎて痛い愛のかたち◆『サマリア』
5月27日(金)名演小劇場にて 以前にも書いたことがあるが、私は巷の"韓流ブーム"に関しては、ささやかな疑問を抱いていて、韓国のイケメン俳優たちが来日する度に空港に集まって大騒ぎしている人たちをテレビで見ると、正直に言ってうんざりする。先日、名古屋でも『韓流.... ...続きを見る
桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなも...
2006/05/11 19:01
「サマリア」居心地の悪い、心地よさ
「サマリア」★★★wowow鑑賞 クァク・チミン、ハン・ヨルム主演 キム・ギドク監督、2004年、韓国 ...続きを見る
soramove
2006/05/17 22:11
サマリア
★本日の金言豆★ 援助交際は韓国でもあるが、日本ほど報道されることがなく、問題視されていない。(監督談) ...続きを見る
金言豆のブログ ・・・映画、本、イベント...
2006/05/20 01:49
サマリア
痛みの連鎖。 第54回ベルリン国際映画祭、銀熊賞受賞作品。 ■あらすじ■ ヨジン ...続きを見る
cinema mix box
2006/05/20 02:48
サマリア
『サマリア』 (‘04/韓国) 監督: キム・ギドク ...続きを見る
映画まみれ
2006/05/20 13:53
サマリア
『サマリア』 ...続きを見る
39☆SMASH
2006/06/08 11:14
サマリア
やっと見ました!キム・ギドク発「サマリア」です。このDVDパッケージの写真エロ ...続きを見る
。○o。.1日いっぽん映画三昧.。o ○...
2006/07/25 16:00
#2.サマリア
静かに胸を裂くストーリーでした。優しい音楽との相乗効果が相まって、心に訴えかけてくる。簡単に常識・非常識で割り切ることの出来ない物語。 ベルリン国際映画銀熊賞受賞。監督・キム・ギドク ...続きを見る
レザボアCATs
2007/01/11 14:44
『サマリア』みましたぁ!
『サマリア』クァクチミン/ソミンジョン(ハンヨルム)共演 &#49324;&#47560;&#47532;&#50500;(Samaria).....2004年キムギドク監督作品 junsanga的評価 ★★★★☆(4つでいいのか!と思いつつ) 【1】おっとけー...いきなりの女子高生の援○交際がテーマになっていて... ...続きを見る
韓ドラのたまり場
2007/02/15 18:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
私はこの作品のお父さんが痛々しくって、ラストで涙してしまいました・・・
きらり
2006/04/26 01:19
きらりさん、コメントありがとうございます。
お父さんは可哀想過ぎです。 もっと良い解決法がありそうなのにと残念です。
みのり
2006/04/26 07:11
TB致しました。

>無理に特殊な状況を作り出して問題作にしているような感じを受けました。
実際その通りだと思います。キム・ギドクは「春夏秋冬そして春」に続いてやっと二作目ですが、どちらも人間の原罪に迫る寓話なんですね。極端な作り方をしないと寓話にならないので、これはこれで良いのだと思います。
トリュフォーの「隣の女」なども人間の原罪に迫った作品ですが、宗教的にアプローチをしなかったので表面的には分りやすい作品となっていますね。本作は仏教、キリスト教の二つを背景にしていますので、ちょっと難解になっていますが、ギドクが言いたかったことは「罪を犯した人間は、自らその責任を負わねばならない」ということでしょう。
オカピー
2006/04/26 16:09
オカピーさん、TB&コメントありがとうございます。
<春夏秋冬そして春>は、始めから寓話と解るような創り方でしたが、<サマリア>は、身近すぎてかえって明確さが失われてしまったのかもしれません。
>ギドクが言いたかったことは「罪を犯した人間は、自らその責任を負わねばならない」ということでしょう。
責任の負い方に疑問を感じてしまいました。
みのり
2006/04/28 09:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
<サマリア>  楽蜻庵別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる