<エイリアンVS.プレデター> 

2004年 アメリカ 101分
監督 ポール・W・S・アンダーソン
原案 ポール・W・S・アンダーソン  ダン・オバノン
   ロナルド・シュセット
脚本 ポール・W・S・アンダーソン
撮影 デヴィッド・ジョンソン
音楽 ハラルド・クローサー
出演 レックス・ウッズ:サナ・レイサン
   チャールズ・ビショップ・ウェイランド:ランス・ヘンリクセン
   セバスチャン・デ・ローサ:ラウール・ボヴァ
   グレーム・ミラー:ユエン・ブレムナー
   マックス・スタッフォード:コリン・サーモン
   ヴァーヘイデン:トミー・フラナガン
   アデル・ルソー:アガト・ドゥ・ラ・ブライユ

エイリアンとプレデターというSF映画の人気キャラクターを対決させるコミックが生まれ、SFファンの間で話題になり映画化されたのだといいます。

2004年10月、ウェイランド社の低軌道衛星が、南極大陸の地下100メートルに謎の熱源を発見。
社長のチャールズ・ビショップ・ウェイランドは、マックス・スタッフォードに専門分野からの調査団を結成させます。
環境工学のレックス、遺跡調査のProf.セバスチャン、化学工学のミラーなどを含む調査団はブーベ島の捕鯨基地の真下に入ると、そこには巨大なピラミッドがありました。

ピラミッドのようなものは、エジプト文明とアステカ文明とカンボジア遺跡の総てを含んでいる世界最古の文明なのだそうだし…。
数千年前にプレデターが地球に来て、人類に建造技術を教えて神と崇められ、100年毎に地球に戻ってきてクイーン・エイリアンを繁殖させるために人間に生贄を求め、人間は喜んで生贄になったこと、プレデターの成人の儀式にエイリアンと死闘をし、プレデターが敗れた時は文明が滅びたのだとか…。
しかも、プレデターの使う武器を持ち上げると遺跡が動き出して閉じ込められ、その後10分毎に遺跡が移動するなど、よく解らないです。
わざわざ遠くまで来たというのに、熱源は人間を呼び寄せるための罠だったようです。

ストーリーは、なんだか歯切れの悪いもので、如何して?何故?というものですが、エイリアンをCGやアニマトロニクスでしなやかに、プレデターは中に人間が入っているような感じで力強くそして尻尾だけCG、というように、キャラクターの差を明確に表現していると言う点では、それぞれの映画のファンのオタク心をくすぐるようなものがあります。
エイリアンのシリーズ2・3の名脇役アンドロイドのビショップ役ランス・ヘンリクセンが、ウェイランド社の社長というのも嬉しいし、例のナイフなども出て来て楽しめるのですが、せっかくだからもっと活躍して欲しかったように思います。

「敵の敵は味方だ!」とかって言って、レックスはプレデターに武器を返すことで仲良くなって、協力してエイリアンをやっつけ、その後かなり心を通わせているかのように見えましたが、プレデターはエイリアンを繁殖させるために、人間を生贄にしたのだし…。
一人だけ生き残ったレックスが、どうやって帰るのかも心配です。
そして次回作がありそうな雰囲気…。
プレデターのお腹から出て来たエイリアンはプレデターとエイリアンの両方の遺伝子を持っているのでしょうか?
それともただのエイリアンなのか…。
ストーリーのことは考えず、趣味っぽく見れば楽しめるかも。
C D

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年02月22日 01:19
ラストシーンは、お約束みたいな感じでしたね~
みのり
2006年02月23日 00:50
hase2001さん、ラストの誕生はブレイドみたいに無敵になるのかしら?
でも次回作があるとしたら、ストーリーをどうにかして欲しいような…。
こんな感じに人間が霞んでしまうくらいなら、いっそのこと人間もCGにしたらと思ってしまいました。
2006年02月26日 15:35
とっても人間に友好的なエイリアンってのはどうでしょうか?人間と分かり合えるエイリアン!平和に暮らしたいものです。エイリアンとも・・・

この記事へのトラックバック

  • 映画評「エイリアンVSプレデター」

    Excerpt: ☆☆★(5点/10点満点中) 2004年アメリカ映画 監督ポール・W・S・アンダースン ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2006-02-26 14:11
  • エイリアンVS.プレデター

    Excerpt:  プレデターはいかつい外観と、仮面の下のこれまたインパクトのある顔がけっこう好き... Weblog: 凸おらおら凸 racked: 2006-03-08 21:37