<新流星蝴蝶剣> 

1993年 香港 88分
監督:マイケル・マック  アクション指導:チン・シュウトン
出演:トニー・レオン、ミシェル・ヨー、ジョイ・ウォン、ドニー・イェン 他

原作は中国の作家、古龍の「流星・胡蝶・剣」。
中国の明の時代を舞台にした、宮中での政権を巡る東西の争いの激化する中での密書の争奪戦を、迫力あるアクション満載で描き出します。
<HERO>のチン・シュウトンのアクション指導だけあって、ワイヤーアクションやSFXをふんだんに用いて見ごたえあります。

病の床にあるツォ公は、東側の武人のコウ(ミシェル・ヨー)に、中秋まで自分の命がもつかどうか分からないからと、リーとソンが自分が亡き後世界を奪おうとしているので、リーを討ち、西側が武術集団に送った密書を奪うようにと命じます。
中秋まであと二ヶ月、コウは幼い頃武術を教えた、シン(トニー・レオン)とイブ(ドニー・イェン)を西側に潜入させます。
しかし、西側には、シンとイブの幼い頃の仲良しで、共に武術の修行に励んだホーチンそっくりの遊女ミウがいました。

始まってすぐ、<忍びの者>を連想。 武芸者達の移動の様子などそっくりなのです。
だから、まさかと思ったのですが、予感が当たっていました。
苦労をしてリーの密書をツォ公に持っていくと、ツォは正体を現します。
ツォ公は、伊藤雄之助だったのです。
二大勢力を滅ぼすための罠だったと解ります。

竹が裂ける表現、布を使ったアクション、アクション場面だけでなく、布に映る竹林など、極めて様式的で、美しいと思い感動しました。
アクションあり、ラブストーリーありのエンターテイメント映画でした。
C C 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 新流星胡蝶剣

    Excerpt: 昨晩、『HERO』をTVで放送していました。 それにちなんで、トニー・レオン&ドニー・イエン出演の 『新流星胡蝶剣』を観てみました。 Weblog: ☆お気楽♪電影生活☆ racked: 2006-02-07 14:30