<80デイズ> 

2004年 アメリカ 121分 
監督 フランク・コラチ
製作総指揮 ジャッキー・チェン
製作 ビル・バダラート  ハル・リーバーマン
脚本 デヴィッド・ティッチャー  デヴィッド・ベヌロ
   デヴィッド・ゴールドスタイン
撮影 フィル・メヒュー
音楽 トレヴァー・ジョーンズ
出演 ラウ・シン(パスパルトゥー):ジャッキー・チェン
   フィリアス・フォッグ:スティーヴ・クーガン
   モニク:セシル・ドゥ・フランス
   ケルヴィン卿:ジム・ブロードベント
   ファン将軍:カレン・モク
   ハピ王子:アーノルド・シュワルツェネッガー
   エリザベス女王:キャシー・ベイツ
   ホームレス:ロブ・シュナイダー
   ライト兄弟:オーウェン・ウィルソン  ルーク・ウィルソン

J・ヴェルヌ原作「80日間世界一周」を描いた、アクションコメディ。
19世紀末のイギリス・ロンドン、ファン将軍によって盗まれた故郷のランジュウ村の神聖な翡翠の仏像を、イングランド銀行から取り戻したラウ・シンは、警察に追われ、逃げる途中で、物理学の実験の助手を探しているフォッグと出会い、身を隠すためパスパルトゥーと名乗って、フォッグの助手になる。
その後、王立科学アカデミーでフォッグは発明の話をするが、アカデミーの長官ケルヴィン卿はフォッグに言いがかりを付け、フォッグは80日間で世界一周をすれば、1万ポンドあげるから実行するように、そのかわり出来なければ今後一切発明を行ってはいけない、というフォッグに、科学アカデミーの科学大臣の座を賭けるならとまさか乗ってこないと口を滑らせて、賭けに乗らされてしまう。
故郷の村に翡翠の像を戻すにはフォッグに同行するのが最も近道と思ったラウは、旅に同行することにする。
賭けを失敗させようと警官のフィックスに邪魔させるアカデミーのメンバー、仏像を取り戻そうと執拗に追いかけるファン将軍の手下達。
フランスでモニクと出会い、モニクも旅に同行することになる。
一刻も早く仏像を故郷に戻したいラウ・シンはモニクに協力を求めます。

ロンドン→パリ→イスタンプール→ボンベイ→カルカッタ→インド、アグラ(24日目)→ヒマラヤ山脈→中国、大変な攻撃を受けながらもラウ・シンの故郷ランジュウ村(41日目)に翡翠の仏像を返します。
さらに万里の長城→太平洋→61日目にサンフランシスコのフィッシャーマンズマーケット→砂漠のどこかでライト兄弟と出会い、ニューヨークへ。
そして大西洋、鳥の飛び方とライト兄弟の発明を合わせてグライダーを発明し、80日目アカデミーに。
最後は正午に階段を上がる前に逮捕されますが、フィックスの自供により、ケルヴィン卿の妨害がバレたり、日付変更線のせいでまだ79日目だったりということが分かります。

「80日間世界一周」とは言え、全然別物で、子供向けのアクションコメディで、こんなことなら是非日本にも寄って欲しかったです。
それぞれの土地で巡り合うゲストが多彩で賑やかでしたが、コメディにしては笑いを外している感じもして複雑です。
次々にいろんな都市を訪れますが、その途中の乗り物の描き方がアニメっぽいのは説明をしなくてすむと言う点で良かったのかも知れません。
かなり出来の悪い映画ですが、それなりに楽しめます。 
なんてったって、ゲストが豪華ですから…。
題名は<13デイズ>と似てますが、ケヴィン・コスナーのキューバ危機とは大違いの映画でした。
D C

この記事へのコメント

tombo
2005年10月03日 19:45
高額の制作費が費やされたようですが、映画の愉快度が少ない気がしました。評価のDCいい線かもしれませんね。
みのり
2005年10月04日 12:53
確かに制作費は高そうですね。 アクションシーンも流石と思いますし、見ていて楽しいことは楽しいのです。 一つめのDは少し厳しいでしょうか?

この記事へのトラックバック

  • 80デイズ

    Excerpt: 久々にジャッキー・チェンの映画を観ました・・・ WOWOWの録画でしたが。 Weblog: ☆お気楽♪電影生活☆ racked: 2005-11-15 15:39
  • ジャッキー・チェン -80デイズ-

    Excerpt: 原作は、「80日間世界一周」。 それを、カンフー仕立てにした、「80デイズ」。 ジャッキー・チェンが製作、主演すると こうなっちゃうのかな。 「80日間世界一周」ということで、子供も一緒に.. Weblog: ぐぅちゅえんの見たり読んだり racked: 2006-08-20 09:32
  • 80デイズ

    Excerpt:  ジュール・ベルヌの『八十日間世界一周』の映画化のリメイク作品である。  でも主演はジャッキー・チェン。何と言うか、この一言でどんな映画か解ると言うのも凄いな。 Weblog: 黄昏ミニヨン想録堂 racked: 2007-08-31 15:06