<イグジステンズ> 

1999年 カナダ・イギリス デヴィッド・クローネンバーグ監督  
出演 アレグラ・ゲラー:ジェニファー・ジェイソン・リー
   テッド・パイクル:ジュード・ロウ
   ビヌカー:イアン・ホルム
   ガス:ウィレム・デフォー
   イフゲニー・ノリッシュ(ゲームの発明者):ドン・マッケラー

近未来、誰もが脊髄にバイオポートという穴を開け、バイオケーブルを接続して楽しむ、新感覚の仮想現実ゲームを楽しんでいた。 
このバーチャルリアリティの最新作の発表会で、ポッドからダウンロードしている最中に、何者かに襲われる。 
テッドは傍らにいる女性と逃げ出し、事件の背景を調べようとする。 
車の給油のため寄ったガス・ステーションに居る男ガスは、一緒に居る女性を“アート・ゴッド(芸術の神)”というソフトを創った天才ゲームデザイナーのアレグラだと言う。 
アレグラの頼みで警備員のテッド・パイクルは、ガスにバイオポートを開けてもらい、最新作の“イグジステンズ”を体験するが、ゲームが壊れてしまい、アレグラの友人ビヌカーの助けを借り直してもらう。 
その後もいかがわしいゲームショップやゲーム工場、突然変異した両生類を材料にする中華の店、虹鱒の養殖場などに行くが、行く先々で二人はゲームを壊そうとする人々や、ゲームを奪おうとする人々に狙われることになる。 
誰が敵で誰が味方かわからない中で戦うが、目覚めるとこれはゲームの中の出来事だった。 
ゲームが終わった後、それぞれが感想を述べ合い別れるが、ゲームの発明者ノリッシュは、ゲームの様子を見ていて不安を抱く。 
そしてその後、ノリッシュの心配していた通りの事が起こる…というのが、だいたいのあらすじです。
 
久しぶりに見て、はじめて見たとき程ではありませんが、楽しかったです。  
ゲームの本体も不気味だし、ゲームの中でゲームをすると行動や言葉が自然に出てきてキャラクターが変わったりとか、出てきた料理を組み立てると殺人事件の凶器だったりなど言葉では説明できない感覚を味わえます。 
気持ちの悪さが快感かも知れません…。  
A A 

P.S.この映画の監督のデヴィッド・クローネンバーグは、1943年カナダのトロントで生まれ、トロント大学で初めは生化学を学んでいて、その後英語専攻に転換し、短編小説を書いたりしていて、友人の影響で映画に興味を持ったのだといいます。 
この監督の描く映画は、どの作品も私とはかなりかけ離れた感覚や、気づかなかった事柄を描いていることが多いので、いつも心惹かれるし、勉強になります。 
<ザ・フライ>(1986)で、世界的に有名になったといいますが、それより前ので、思考するだけで人が殺せる超能力を描いた<スキャナーズ>(1981)や、ジェームズ・ウッズ主演で、セックスと暴力のSMビデオを見ると幻覚に襲われ殺人が起きていくという<ヴィデオドローム>(1982)、クリストファー・ウォーケンが主演でマイケル・シーンが上院議員候補役で、昏睡状態に陥った主人公が数年後に目覚めると超能力を持っていて世界を破滅から救う?という<デッドゾーン>(1983)など好きです。
ジェレミー・アイアンズの出ている<戦慄の絆>(1988)は、一卵性双生児の婦人科医の兄弟が一人の女性患者と出会ったことから精神状態を崩していくという話でこれも変でした。
交通事故から生還した男女(ジェームズ・スペイダー、ホリー・ハンター)が、事故の感覚から性的エクスタシーに目覚めていくという不思議で倒錯的な愛を描いた、デボラ・アンガーやロザンナ・アークエットも出演の<クラッシュ>(1998)と、少年時代の忌まわしい記憶をたぐりよせていき、心を苛まれる主人公の精神世界を描いた<スパイダー/少年は蜘蛛にキスをする>(2002年 これは感覚として解りやすいと思いますが)の二つはとても好きです。 
ガス・ヴァン・サント監督の<誘う女>で、ハリウッドのプロデューサーと言って近づき、湖でニコール・キッドマンを殺す殺し屋って印象的でしたが、あれってデヴィッド・クローネンバーグなんですよ! <誘う女>を見たときとても気になったので名前を見つけたときには驚きました。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2005年08月20日 01:05
ジュード・ロウが好演でしたね~もう一度みたいです。評価はB-かな??そうそう、ヴィデオ・ドローム・・・かなり怖かったですね~当時、あの砂嵐の画面から出てくるのが衝撃的でした。ジェームズ・ウッズも若い!
みのり
2005年08月22日 13:28
ジュード・ロウもステキだけど、ジェニファー・ジェイソン・リーの雰囲気は不思議な感じで好きでした。 この女優さん出演する作品ごとに違う面が見られて(<未来は今> <ミセス・パーカー/ジャズエイジの華> <キング・イズ・アライヴ>など)地味だけど気になる人です。
がちゃ
2005年11月15日 21:24
クローネンバーグ監督の話は「スパイダー~」くらいしか観てなかったですが、いろいろ面白そうなのですね。いろいろ探してみてみようと思います。TBいただいてまいります。
みのり
2005年11月15日 23:02
TBありがとうございます。
変な映画だけど、面白かったです。
>こんな↓記事を見つだしまし、 ほえ~っと思った次第。
こんなこと考えても居なかったのでビックリしました。

この記事へのトラックバック

  • イグジステンズ

    Excerpt: 『イグジステンズ』 (1999)EXISTENZ上映時間97分製作国カナダ/イギリスジャンルSF/ホラー公式サイト/映画監督論デヴィッド・クローネンバーグによる仮想現実SF。脊髄に穴をあけ、バイオケー.. Weblog: がちゃのダンジョン racked: 2005-11-15 21:26
  • eXistenZ

    Excerpt: 今日は映画をご紹介です。 『eXistenZ』 監督:デイビッド・クローネンバーグ 出演:ジュード・ロウ、ウィレム・デフォー、ジェニファー・ジェイソン・リー 製作年:1999年.. Weblog: 有興人のサブカルチャー研究所 racked: 2007-01-26 17:48