<ウィスキー> 

2004年 ウルグアイ・アルゼンチン・ドイツ・スペイン フアン・パブロ・レベージャとパブロ・ストールの共同監督 
物語は、ウルグアイで靴下工場を経営しているハコボ(アンドレス・パソス)と、長年工場をささえてきたマルタ(ミレージャ・パスクアル)。 来る日も来る日も、朝、シャッターを開け、電源を入れ、マルタの入れたお茶を飲み、仕事をしてという日々。 ある日、疎遠になっていた弟のエルマン(ホルヘ・ポラーニ)が、亡き母のお墓をつくるためブラジルから帰郷することになり、弟のいる間だけ、夫婦の振りをして欲しいとハコボはマルタに頼む。 マルタは快く引き受け、夫婦の写真を部屋に飾ったりする。 登場人物はほとんど三人のみで、セリフも最小限なのに、不思議な可笑しさがあり、魅力的なのです。 ハコボは、真面目で融通の利かない感じだが少しとぼけたような味わいが楽しい人。 陽気で明るいエルマンの登場で、彼らの様子が変わっていく。 三人で旅行に出かけ、記念撮影のとき“ウィスキー”、そんな時、一瞬だが三人のぎこちなさが和らいでいく感じがする。 そういえば西田敏行主演の<ゲロッパ>でも、“キムチー”とか、“ウィスキー”とか言いながら、写真撮ってたナーと思い出した。 題名は、ここから来たのですネ。 逆さ言葉が得意で純真で優しい包容力を持ったマルタが、三人で行動するうちに明るくオシャレになっていくのが可愛らしい。 三人は次第に互いの絆を深めていくのだが…。 ドラマが始まった時、なんだかアキ・カウリスマキの世界に入り込んだような気がしたが、沈黙でコメディを感じさせるのは、独特の表現だと思う。 なんだか狐に抓まれた様で見終わると不思議な感覚になりました。 最後は如何にでも解釈できそうですが、観客に任せるより、映画の中で解決して欲しいと思いました。 
B B
  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック