楽蜻庵別館

アクセスカウンタ

zoom RSS <誰も知らない> 

<<   作成日時 : 2006/06/12 11:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 3

2004年 日本 141分
監督 是枝裕和
脚本 是枝裕和
撮影 山崎裕
音楽 ゴンチチ
出演 明:柳楽優弥
   紗希:韓英恵
   福島けい子:YOU
   京子:北浦愛
   茂:木村飛影
   ゆき:清水萌々子
   けい子の元恋人:遠藤憲一
   野球のコーチ:寺島進
   コンビニの経営者:平泉成
   大家夫妻:串田和美  岡元夕紀子
   コンビニの店員:加瀬亮  タテタカコ
   タクシーの運転手(ゆきの父):木村祐一
   パチンコ屋の店員(京子と茂の父):遠藤憲一
   少年野球の監督:寺島進

1988年に巣鴨で実際に起きた事件を元に、細部や心理描写をフィクションで作ったというドラマ。
アパートに越してきた四人の子持ちの母親は、追い出されるのを懼れてのことなのか長男の明と二人暮らしと大家に嘘をついて、住み始めます。
4人は父親が別で、学校にも通ったことが無く、人目を避けるように家の中に閉じ込められたまま生活し、けい子がデパートで働いている間、12歳の明が買い物をして妹や弟の面倒を見て、長女の京子が洗濯をするなどしてそれなりに楽しく生活をしていました。
しかし新しい恋人が出来たけい子は、子供達を置いたまま突然出て行ってしまい、僅かなお金を使い切ってしまった明は困り果て、かつてのけい子の恋人を訪ねるのですが…。
電気・ガス・水道を止められてしまい、食べるものにも不自由するようになり…。

紗希役を含める子供達5人は、演技をしているというよりはとても自然で、繊細な感じがして素敵でした。
身勝手で無責任な母を演じたYOUさんも、大人になりきれていない母親の感じがよく出ていてどこか憎めなかったです。
それにしても学校に通わせず(もしかしたら出生届を出していないのかも知れないと怖くなりますが)、外出をさせずという状態にも従っているというその健気さ、酷い母親でも子供達は母を慕っているということがとても辛くなります。
4人揃って初めてお散歩した時の楽しそうな様子、明が妹や弟の面倒を見ることを忘れ、つい自分が遊んでしまうという場面は、やっぱり子供なんだな〜と、ホッとした気持ちにさせられ、安心しました。
中学生の紗希を演じていた韓英恵さんは、不思議な魅力のある女優さんだと印象的でした。
C C

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
映画評「誰も知らない」
☆☆☆☆★(9点/10点満点中) 2004年日本映画 監督・是枝裕和 ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2006/06/12 13:57
映画『誰も知らない』
1988年、実在の東京・豊島区巣鴨の子供4人置き去り事件、・・自堕落で無責任な母親・・淡々と静かな感情が溢れ、切なく悲しい子供達の物語。 ...続きを見る
茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行...
2006/06/12 18:18
誰も知らない 今年の127本目
誰も知らない &nbsp; 映画の出来がどうこうって言うような作品じゃない。 なんなのこれ?? イタイ映画だってことはわかっていたし、だから、今まで手が伸びなかったのyo。 やっぱり、見なくてもよかったわ、、、 &nbsp; 映画としては、 あの子供達は、素晴らしかっ.... ...続きを見る
猫姫じゃ
2006/06/13 03:55
『誰も知らない』
主演の柳楽優弥が2004年度のカンヌ国際映画祭で史上最年少、そして日本人初の最優秀主演男優賞を獲得したことで一躍脚光を浴びた作品。1988年に発生した巣鴨子供置き去り事件をモチーフに作成されたとのことですが、実際の事件についてはほとんど知識を持ち合わせていません.. ...続きを見る
毎日が映画日和
2006/06/14 08:14
誰も知らない
是枝裕和監督の作品を続けて。 カンヌ映画祭で最優秀男優賞を取った話題作で ビデオ屋ではずっと貸し出し中だったのですが やっと借りました。 ...続きを見る
映画、言いたい放題!
2006/06/18 12:34
『誰も知らない』
2003年の作品。感想、ネタバレします。 『花よりもなほ』の監督の作品。『花より』を見たときの記事に頂いたコメントの中に『誰も知らない』のことが書いてあって、どんな映画かな~と思ってレンタルショップでジャケットを見てみたら、あ、これ知ってる、この男の子役の.. ...続きを見る
はなことば
2007/04/18 13:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
TB致しました。
ドキュメンタリーと見まごう即実的なタッチから純度の高い情緒を生みだした作品として、日本映画の金字塔になるであろう秀作だと思います。
即興演出でもなさそうなのに、かくも自然な演技を導いた是枝裕和監督は賞賛してもし尽くせません。
オカピー
2006/06/12 14:01
カンヌで主演男優賞だなんていうけど、子供たち全体の雰囲気は良かったとは思いますが、特にそれ程とは感じませんでした。
むしろオカピーさんの言われるように、監督の手腕が良かったのだと思いました。 でも、金字塔はないんじゃないかな〜。
みのり
2006/06/13 00:17
いや、実際にはもうなっているのも同然なんです。
私は余り重視はしていませんが、それでも「キネマ旬報」の評論家・読者双方で年度1位になったのは長い80年の歴史の中でも10本あるかないかです。極論すれば日本映画史上ベスト10に入る可能性が既にあるのです。
世界最大の映画サイトImdbの評価も3000票近くの平均値が8.2。これは日本映画の傑作中の傑作と言われる「東京物語」を凌いでいます(新しい作品は若干有利ですが)。
この子等の演技はもはや演技ではありませんよ。だから、子供たちの会話部分だけを切り取ってドキュメンタリーと言って海外で公開したら、多分殆ど全員が信じるでしょう。特に下の二人は絶品でした。それをやらせた監督の指導は奇跡だと思いましたよ。Youも自然ですが、あくまで上手い演技。やっぱりオトナだから思惑がどこかに入ります。
オカピー
2006/06/13 03:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
<誰も知らない>  楽蜻庵別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる