楽蜻庵別館

アクセスカウンタ

zoom RSS <天国の青い蝶> 

<<   作成日時 : 2005/11/11 11:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 2

2004年 カナダ・イギリス 98分
監督 レア・プール
脚本 ピート・マコーマック
撮影 ピエール・ミニョー
音楽 スティーヴン・エンデルマン
出演 アラン・オズボーン:ウィリアム・ハート
   ピート・カールトン:マーク・ドネイト
   テレサ・カールトン(ピートの母):パスカル・ビュシエール
   アレホ:ラオール・トゥルヒロ
   ヤナ(アレホの娘)

1987年にカナダで実際にあったモルフォの奇跡。
昆虫学者のG・ブロッサールが末期ガンの少年デヴィッドとブルー・モルフォを探す旅に出たということ、帰国後少年の癌は消えていたという奇跡の話を基に描いたドラマ。

脳腫瘍の末期で余命数ヶ月と医者に宣告された10歳の少年ピートは、モントリオール昆虫博物館で尊敬するオズボーン博士の講演会を聴きに行き、世界で最も美しいといわれる《ブルー・モルフォ(青い蝶)》を探しに南アメリカの奥地に一緒に連れて行って欲しいとオズボーンに頼む。
モルフォの時季的には少し遅く、あと1週間くらいしかチャンスがないと、はじめは戸惑っていたものの、あまりの熱心さに遂に付き合わざるを得なくなるアラン。
アランは車椅子のピートと母親のテレサを南米奥地に案内することになるが…。

まず、音楽がステキ! だが何といっても森林の緑色の美しさ、森林のところばかりでなく、全体に緑の色が綺麗なこと。
そして、クモザル、自分の体の900倍の重さを運べるというオオツノカブトムシ、ワニ、ヘビ、鵜、鷺、カミキリムシ、ハチドリをはじめとして、たくさんのアマゾンに棲む野生の動植物の撮影が美しい。
しかし、物語や登場人物の魅力より、これらの珍しい生き物の方に目がいってしまい、何がテーマだったのかが散漫になってしまった観がある。
というより、アマゾンのアレホとヤナの父娘、ピートは、それなりに良かったが、せっかくの感動的な物語のはずなのに、肝心のオズボーンとテレサに魅力が感じられないからだろうか。
B C

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
映画『天国の青い蝶』
原題:The Blue Butterfly  −あなたは何も分かっていない− ...続きを見る
茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行...
2005/11/14 13:20
天国の青い蝶
「天国の青い蝶」★★(盛岡フォーラム2) 2004年カナダ  ...続きを見る
いつか深夜特急に乗って
2005/11/14 20:15
映画評「天国の青い蝶」
☆☆☆(6点/10点満点中) 2004年カナダ=イギリス映画 監督リー・プール ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2005/11/16 17:08
天国の青い蝶。
ココにいる全てが青い蝶。 なんだか体の中の毒素を全て抜いてしまいたくて、優しい映画が観たくなって選んできたのがレア・プール監督作品『天国の青い蝶 』。このお話が実話を元にして作られた映画ってことは知っていて、リアルに咲く素敵なお話に触れたくてみてみよう ...続きを見る
耳の中には星の砂の忘れ物
2006/01/06 13:52
天国の青い蝶
神秘のブルー・モルフォを求めて ...続きを見る
悠雅的生活
2006/02/25 15:29
映画『天国の青い蝶』を観て
人気blogランキングへ【この映画について】本作はカナダで実際に起きた奇跡を基にして作られた実話である。主人公の少年はこの映画の公開に合わせて7月末頃かな?来日して取材の合間に蝶を採ったり、学校に講演に行ったりしていた。実はではメキシコを舞台にしていたが映... ...続きを見る
KINTYRE’SPARADISE
2006/02/25 16:47
天国の青い蝶
おすすめ度(評価):★★★ ...続きを見る
おすすめ本と最新映画情報【書評と映画レビ...
2006/02/26 08:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
嫌いではないけれど、余り良い映画ではないです。人間を観ているより昆虫と植物の接写を観ている方が楽しい。これで鳥が出てくればさらにご機嫌でしたが、そうするとどんどん映画は人から離れていってしまいますねえ。
オカピー
2005/11/16 17:23
オカピーさん、わたしも同感です。
登場人物より、アマゾンの動植物の方が魅力的というのも困りものです。
みのり
2005/11/16 21:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
<天国の青い蝶>  楽蜻庵別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる